ホーム  > 感動を呼ぶ結婚式の創り方

感動を呼ぶ結婚式の創り方

ゲストが主役

結婚式


結婚式

この度はご結婚、誠におめでとうございます。

結婚式は、ここ数年で様々な演出の多様化が進み、特に映像演出などは多くの方が取り入れる演出アイテムとなりました。ペーパーアイテムも以前に比べると、様々なデザインのものが出てきています。

そんな中で、「実際にどんなアイテムを選べば良いのかわからない」という声や、「会場で用意してるけど本当にそれでいいのかな」というようなお悩みの声をたくさんいただきます。

ネスパディディでは、創業から20年以上、様々なアイテムを作り出してきましたが、一貫した目的を持って演出アイテムをご提案させていただいてきました。

それは、ゲストに「招待してくれてありがとう」と言ってもらえる結婚式を作るということ。

しかしながら、ゲストに「ありがとう」と言ってもらえる結婚式とは、どんなものなのでしょうか?

豪華な結婚式?料理が美味しい結婚式?良い立地で挙げる結婚式?お酒の種類が多い結婚式?引き出物が豪華な結婚式?

人により様々だとは思いますが、やはり「お世話になったゲストの方におもてなしをすること」「二人の生い立ちを知ってもらい、感謝の気持ちを伝えると共にこれからのより良いお付き合いをお願いすること」がゲストに「ありがとう」と言ってもらえる結婚式だと思います。

そしてネスパディディでは、映像演出とペーパーアイテムもその目的を実現する最適な演出アイテムだと考えアイテムを作り続けています。

結婚式ってなんのためにするの?

結婚をされる多くの方は、結婚式をする会場はどうしよう、衣装はどうしよう、時期はどうしようなど結婚式をするためのことはたくさん考えていますが、結婚式自体をなんのためにするのかなどを考える機会はそんなに多くないようです。

演出を選ぶタイミングで今一度結婚式の目的を考えてみるのはいかがでしょうか?

「ムービー演出」×「ペーパー演出」

結婚式


ペーパーアイテム<

では、どのような演出であれば、ゲストをおもてなしできたり、感謝を伝えることができるのでしょうか?
ネスパディディの考えたムービー演出とペーパーアイテムは、ゲスト目線にたったアイテム作りを常に意識しています。

招待状が届き、封筒を開けた瞬間に今までに見たことがないようなものが出てきたら、結婚式がより楽しみになるのではないか?席次表一人ひとりに紹介メッセージがついていればゲスト同士で話が盛り上がり楽しめるのではないか?
本格的なCG映像をふんだんに使ったオープニングムービーから入場すれば式の始まりがより楽しくなるのではないか?
ただ写真を眺めるムービーではなく、二人の想いや感謝の気持ちなどをストーリー仕立てにして、メッセージ性の強いムービーにすれば、ゲストもより感動的に見ていただけるのではないか?
最後にエンドロールでゲストの名前を流すことで、改めて感謝の気持ちが伝えられるのではないか?
(エンドロール®、エンディングロール®はネスパディディの登録商標です)

などなど、ゲスト目線というところを常に意識してアイテムをご提案させていただいております。

制作準備過程

制作準備過程


披露宴の演出

さらにネスパでは、このムービー演出とペーパーアイテムを制作する過程で、ゲストへの「感謝」を再認識していただけると考えています。

正直、結婚式の準備は楽しい部分だけでなく、大変だったりちょっと面倒くさかったり、様々なことがありますよね。

そんな準備の中に、プロフィールムービーのためにおふたりそれぞれの生い立ちを少し振り返り思い出話しに花を咲かせたり、席次表のコメントを考えるためにゲスト一人ひとりを思い出す時間があったりするだけで、感謝の気持ちをあらためて再認識することができると思います。

ネスパでは、結婚式の準備はただ会場を選んだり、段取りを考えたり、料理を選んだりというだけではなく、新しい家庭を築くにあたり、もう一度今までお世話になった方への感謝の気持ちを思い返し、自分ひとりではなく色々な方の支えがあってこそ、ここまでこれたんだということを再認識することが重要だと考えています。

そして、そういった準備の過程を踏まえてゲストに「招待してくれてありがとう」と言っていただける結婚式こそが、本当の「感動の結婚式」につながっていくのではないでしょうか。

ネスパディディの映像演出とペーパーアイテムは、そういった結婚式をご提供させていただきます。

おふたりと、すべてのゲストの皆様にとって最高の結婚式となりますように。

ネスパディディ スタッフ一同

ページトップへ